プロフィール

hanasizume

Author:hanasizume
榊まい:
上方舞吉村流名取師範。神前舞研究会「グループ翔」主宰。湘南を拠点に、日本舞踊を通じた日本文化の継承活動を展開中。

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月01日(水)

まいさーーーん

だいたい夕方の時間に
「まいさーーーーん」と電話をかけてくる男の子がいる。

そう7月新しく巫女舞をやることになったお祭りの担当の男の子

男の子?という年ではないけれど
男の子という感じがぴったりくる

2週間ほど前踊ってくれる子供たちの親を集めて説明会をした

1時間ほどスムーズにいったかにみえたが・・・

「では何か質問はありませんか??」
(あら きかなきゃいいのに・・・)と私は思っていた

「ハイ!!!」
一番前にじんどっていたお父さんが手をあげた

「あのこんなに稽古をしてぎりぎりで中止になったら子供達にはなんて説明しますか??
 踊る場所は他には作ってもらえないのですか?? 
 それと・・・・・」などなど

一人のお父さんから矢継ぎ早に4個もの質問がとんだ

「あーーそうですよね・・それは・・あの・・・」
あたしとの電話でもこうなる時が多々ある (大丈夫かな??)

 しばらく様子をみていたが・・・
「あの全部の質問には答えられませんが・・
 最初の質問にだけあたしが答えてもよろしいですか??
 たしかにこんな情勢なので何がおきて中止になるかはわかりません。
 でも踊る場所がなくなっても稽古したことは無駄にはなりませんよ。。確かに人前で踊る機会を作ってあげた  いのでなるべくこちらも出来る限り対応していきたいと思います
 あたしの踊りの会の発表会でやるとか、いろいろできますよ!!」

和やかに言ったつもりだが・・・
お父さんはニコリともしない。。。

結局彼は皆を一旦解散させ
そのお父さんと30分位話していた・・・

まあ気持はわかるけどね。

そして昨日の夕方

「まいさーーーーん」
「どうした??今度は何があった???」
「二人やめると言ってきました。。」
「何が理由で???」
「わかりません・・・それと・・・稽古日も変えてほしいそうです。。」
「何で??皆の意見聞いて土日にしたんじゃなかったの??」
「それが・・やはり土日は出かけることが多いらしく・・・」
「もう!!!そんなのいちいち聞いてたらなめられるよ!!!」
「はい。すみません。。」

こんな会話が1か月前から続いている

でも彼が一生懸命であたしは甘く最後には彼のいうことを聞いて付き合ってしまう。。

こんなに一生懸命やってるお祭り
彼のためにお祭りを楽しく成功させたいと最近思うようになった

あたし昔からダメ男によわいのよね(笑)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。