プロフィール

hanasizume

Author:hanasizume
榊まい:
上方舞吉村流名取師範。神前舞研究会「グループ翔」主宰。湘南を拠点に、日本舞踊を通じた日本文化の継承活動を展開中。

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月30日(月)

スーツ

ここ何か月
父の荷物を整理している毎日

会社の書類を全部捨てようとしたら
その中に祖母のアルバムが出てきた

母が大好きだった父
祖母が亡くなったあとすべて捨てるといわれ
4トントラックで祖母の荷物を取りにいったことを思い出す。
仏壇まで持ち出そうとした父を母ととめたことを思い出した

ゴールデンウイークあけには落ち着きそうだから
仏壇買わなくちゃ。。

そてにしてもスーツの数がすごかった
軽く100は超えていた

本当に捨てることのきらいだった父。
よくそのことでけんかになった

父が亡くなってからすてるのはいやだから
自分で捨ててほしかったのだけれど・・・

そんな思いは届いていたのかしら??

このスーツに父の思いはないとしても
捨てる時にやはり色々考えてしまいますな。。
スポンサーサイト
 
04月20日(金)

04/19のツイートまとめ

hanasizume

踊りたい!!衝動にかられ夜中一人舞ってみる。あたしの一番好きな演目「旅」音聞いてるだけでもいやされるなあ。。
04-19 00:11

 
04月19日(木)

やりたい!!

最近なんでも自分でやりたいという娘

あたしは2歳の時こんなにはっきりしていたのかな?
記憶にない。

すごくはっきりしている娘は今日
「ダンスやりた!!!」
「ママもお仕事にでかてるじゃん。。まきちゃんもダンスにでかけたい」
はっきりこういった。

うーーーーーん。
いずれ踊りをやるにしても・・・あたしも1年生からダンスを習っていた。
寝坊して遅刻ばかりしていた私だがバレエに通うときは一度も遅刻をしたことがなかった。

少し早い気がするが試しにやらせてみてもいいかな
と思っている。

こんな2歳を受け入れてくれるところが
はたしてあるのだろうか・・・
 
04月18日(水)

夏が近づき・・・

夏が近づくにつれ。。。

だんだん会議や打ち合わせなどで母にあずけることが多くなる。

今日も早く帰ろうと思ってもなんだかんだ遅くなってしまう・・・

急いで帰ってきたらすでに夢の中・・・

「大人しくねた??」
「起きてまってる!!っていってたんだけど・・・
 遅いから・・・もういい!!一人で寝る!! って寝ちゃったの(笑)」

この気の強さは誰に似たのかしら??
出かける時一応「寂しい・・」とううのだけれど、そのあとは全然けろっとしているそう。

昨日なんて3日出かけないで一緒にいたら
「ママおでかけしないの??」
「どうして??」
「だって怒ってばかりだから・・・」

って出かけてほしのか!!!

そろそろ遊びに連れていかないと、何言われるかわからないわ(笑)
 
04月17日(火)

ああ・・・

片付けをする時は捨てるが基本!!!

わかってはいるが・・・これはあのときの
あっこれは、あのときの・・・懐かしいーーーー

と見ていてもうすでに3時間経過。

結局捨てられないのよねーーー(泣)

 
04月13日(金)

4月

2012041211180000.jpg

今日朝出かけようとして
ふとこの木が目についた。

こんなの庭にあったかな・・・???

母が「さくらんぼの木よ」
と感慨深けにいった。。

「パパが山田錦のさくらんぼもらったときに、あまりに美味しくて植えたんだって」
「えーーーーー」
 
続けて母が
「あたしもずっと気がつかなかったんだけど、パパがこれあのさくらんぼだよって」

なんだかしばらくずっと眺めてしまった。

父が亡くなって3か月
亡くなってから本当の父を見ているような出来事が重なった。

本当に未だに驚いているのは、特許の発明者として特許申請をしていたこと!!
詳しいことはわからないが、とても環境によくメッキができる発明らしい。。

そんなこと生きている時に微塵もあたしたち家族には話していなかった。
もっと自慢してもよかったのに・・・・

自分の自慢も人の悪口も決していうことのなかった父。

このさくらんぼにさくらんぼがなる時がくるかはわからないが
未もずっと、お庭で、あたしたちのことを見守っていてくれているのだと、
頭ではなく身体で実感した一瞬だった。

この父のもとに産まれて一緒に過ごせたこと
これが私の誇りと自慢だ。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。